「“風邪と同じだから大丈夫”はとんでもない暴論」子どものコロナ後遺症 軽視できないデータと当事者の証言!?

コロナの患者数は、全国で過去最高を更新し続けています。特に子どもの感染症は深刻です。そんな中、7月22日、米国とカナダの研究チームが「小児のコロナ後遺症」に関する最新の研究結果を発表しました。コロナの実態が明らかになりつつあり、子どもは軽症で済むからと甘く見てはいけない。
子どものコロナ後遺症に悩む人たちのデータや証言も侮れない。
専門医が警告する「コロナは風邪と同じ」なんて「とんでもない」。 
最近、SNSなどで、子どもがコロナに感染し、その後身体に異常が出たという投稿が増えている。
その中には、「小学生がコロナの後遺症で髪の毛が抜けるようになった。ほとんど寝たきりの状態。
息子が学校で倒れた。脳が朦朧とし、断片的な記憶しかない。
下の子(小学生)が先月コロナに感染し、その後咳や腹鳴り、全身倦怠感などで1ヶ月以上経過しています。
症状は深刻で、投稿には心配する親と不安な子供の様子がうかがえます。抜け毛、頭がぼーっとする、疲れやすいなどが「ポストコロナ症候群」の主な症状です。これまでは大人ばかりが注目されてきましたが、最新の研究により、子どもにも「コロナ後遺症」が起こることが確認されました。
7月22日に米国医師会が発行する雑誌「JAMA Network Open」に掲載された最新の研究によると、米国とカナダの研究チームが「救急外来を受診して陽性となった子どもを対象に90日間の追跡調査を行ったところ、コロナにかかった子どもの9.8%が入院を必要とし、入院まで重症化しなかった子どもは4.6%だった」と報告しています。実際、コロナを発症し、入院まで重症化しなかった子どもの9.8%が長期間の後遺症を発症しています。
実際、コロナ後遺症専門外来にも変化が起きており、2020年から4,000人以上のコロナ後遺症患者を診てきた平畑クリニック院長の平畑浩一氏は、子どもの感染者数に比例して増えるコロナ後遺症を懸念していると言います。
子どものコロナ後遺症は増えていると感じますか?
最近は、親御さんがお子さんを連れて来院されるケースも増えてきました。今後、10代やもっと小さなお子さんのコロナの後遺症もクローズアップされてくることでしょう。
Q:子供のコロナの症状は比較的軽いと言われています。風邪と同じようなものだと考える人もいるようですが。
“馬鹿げた説 “だと思います。実際に後遺症を見てきた人が言うのですから、とんでもない論法だと思います。
死亡者や重症者の数だけを見ればそう感じるかもしれませんが、実際には、死亡も重症化もしていないけれど、後遺症で動けない子どもたちがたくさんいるのです。ですから、一人ひとりに光を当てて、どれだけ後遺症に苦しんでいるかを見ていかないと、議論がコロコロとおろそかになりがちだと思うんです。