バレーボールで反則になっちゃうプレーとは

ボールに二回触っちゃう「ダブルコンタクト」というのは、同選手が続けて二回ボールに触れるプレーをいいます。
同じチームにおいてボールに4回触れちゃう「フォアヒット」は、バレーボールだと、相手コートから自陣コートに返球された場合は、3打以下に相手コートに返さないとダメです。ボールを止めちゃう「ホールディング」があります。
これは身体の一部でを使ってボールを静止させてしまったときホールディングが取られてしまいます。ネットに接触すしちゃう「タッチネット」については試合している最中ネットに接触してしまうプレーです。アンテナに接触しちゃうと「アウト・オブ・バウンズがとられます。
これはボールを返す際に、ネットの端っこにあるアンテナに当てちゃうプレーです。またアンテナの外側をボールが通過したときも反則がとられます。ネットをはみ出して相手の攻撃を妨害しちゃったりすると「オーバーネット」になります。
しかしながらスパイクを打ち終えた後の手とかブロックの場合については反則にはなりません。「パッシング・ザ・センターライン」という反則はセンターラインを越えて相手のコートに入り込んじゃうプレーになります。ただ、着地の時にラインを踏んでいたとしたらセーフです。
足がセンターラインを踏み越さないで、ちょっとでもラインを踏んでいたなら反則にはならないのです。ネットの下から相手選手に接触してプレーを妨害しちゃうと「インターフェア」という反則となります。最悪の場合は退場となってしまうため、決してそのようなことが生じないようにフェアプレイを心がけることが大切です。
リベロがサーブを打ちこんだり、ブロックあるいはブロックの動作をしたりすると反則がとられちゃいます。
https://mamasvalley-jyoutatsu.com/