ミラブルzeroは売れているのだろうか

ミラブルzeroは売れているのだろうか

インパクト絶大だったミラブルのCM。あのCMを皮切りに、ミラブルが有名になったのは疑いようがない事実だ。もちろん、各地で開催された体験会も販売実績に繋がっているだろうが、CMのようなインパクトはないと思う。
また、多くのブロガー?が体験談を投稿していたのも、いい販促活動だったであろう。それが広告目当てだったとしても、実際に使っている人の画像を参考にした人は多いと思う。

一方で、2022年6月発売のミラブルzeroはどうだろう。まずCMに魅力を感じない。シャワーを口に当てているシーンは何を伝えたいのだろう。モデルは同じ人。表情一つ変えず、目を見開いたままマジックをサーっと消し去ったあのCMは、モデルの良さを充分に引き出していた。zeroのCMを見てがっかりした人は多いのではないだろうか。何を隠そう私もその一人だ。口にシャワーをただ当てているだけのCM。

今回はSNSやブログ界隈もあまり賑わっていない。SNSでは販売店による投稿は多いものの、実際に使った個人のレビューが少ない。ブログでよく紹介されていた正規販売店の販売ページを見ても、ミラブルzeroには力が入っていない(メーカーから提供された画像と資料を淡白に載せているだけのサイトが多い)。

ミラブルはシャワーヘッドとしては高額だ。だからこそ、今までのミラブルにはプレゼントがあったり、返金保証を付けたりして購入の障壁を上手く取り除いていたと思う。しかし、ミラブルzeroはそのようなサービスが一切ない。買い替えの人なら抵抗なく買えるのかもしれないが、新規客が5万円もするシャワーヘッドを簡単に買えるはずがない。

加えて、あのデザインと大きさだ。レビューブログでミラブルゼロとミラブルプラスを比較している人もいるが、どうも歯切れが悪い。メーカーのことも考えているのだろうか、表現は優しくしているが以前のミラブルの方がいいと言っているようにも読める。
推測だが、返金保証がないのにあの大きさと重さのシャワーを買わせようとしている今回の施策に疑問を持っているようだ

ミラブルzeroは売れているのだろうか。予約段階で10万本と書かれた記事を見たことがあるが、実際どれくらいが販売に繋がったのだろう。予約をしたのは販売店かもしれない。全国で体験会を実施しているようだし、努力も相当なものだと思う、ただ、ネットの賑わいを見る限り、初代のミラブルのような活気は見られない。もしかしたら、知名度が上がったことで、自然に売れると踏んでいるかもしれない。
でも、ファインバブルのシャワーヘッドは新商品がいくつか販売されており、価格も安くなっている。一般的な人なら、最初は安いのから試してみたくなるのが普通だ。そういう私はボリーナ(田中金属製作所)にした。気が向いたらレビュー記事でも書いてみよう。