好きな人は、ガッツリとハマるはず。

オダギリジョーと三浦友和という、物凄く個性的で格好良い役者さん二人が、本当にしょーもない感じの風体の役柄に扮して、東京中をトボトボ散歩する……という、何とも不思議な味のある作品。
監督を務める三木聡は、「時効警察」などの代表作があるが、とにかくどうでもいいような、ちょっとした小ネタ・小ボケを全力で撮影して作中に挟んでくるという、クレイジーだけど愉快な作風が魅力的。
この「転々」でも、そんなすっとぼけた演出が所々に散りばめられ、観れば観るほどじわじわ面白くなってしまうという……何というか、スルメのような作品になっている。
デビューしたての初々しくも独特のキャラクター全開な吉高由里子や、「肛門の筋が一本足りない」と、かつてのアイドルらしからぬセリフを口にする小泉今日子など、脇を固めるキャストも豪華。
ダメなオトナのトボトボ散歩。