通信教育の中でもZ会は頭一つ飛び抜けた教材

数ある通信教育の中でもZ会は頭一つ飛び抜けた教材です。というのも、Z会の中にある問題はどれも思考力を必要とするものばかりで、ひとつひとつ手順を踏んでいかないと答えが出せないからです。小学生の算数が数学に変わる際、答えを求める思考からプロセスを求める思考へのスイッチを余儀なくされますが、Z会の教材は小学生であっても後者の感覚がないと難しいでしょう。そのためネット上の口コミやSNSにおいては、問題が難しいとかレベルが高いなどと言われていますが、どちらにしてもZ会の教材には良問がたくさんあるという評価は間違いないと思っています。
Z会には従来通りの学習スタイルである紙教材と、ここ数年で人気になってきたタブレット教材があります。特にタブレット教材は子供側からの支持が高い学習スタイルですが、Z会に限って言えば、紙教材を選んだ方がコスパ的にもお得なご家庭が多いのではないかと思います。まずZ会の紙教材がおすすめの子といえば、将来的に中学受験を視野に入れている子です。
Z会には中学受験コースが用意されていますが、一般的なコースであってもハイレベルとスタンダードの2コースで学習の難易度を調整することができるので、中学受験を視野に入れている子でも少しずつ階段を上っていくイメージで難易度を上げていくのがおすすめパターン。さらにZ会が紙教材のほうがお得だと思う理由は、3年生以上だと1科目から専科受講できるからです。
1科目受講というのは、進研ゼミやスマイルゼミなどの大手の通信教育でも行われません。Z会のタブレットコースだと全科目セット受講が条件になるので、紙教材での学習スタイルで1科目受講できるのはほかの通信教育にはないサービスなんですよね。1科目受講で選ぶ科目はどれでも構いません。Z会の1科目受講で人気なのは英語、算数といったところでしょうが、理科でも社会でも好きや得意を伸ばすという観点で受講しても構わないと思います。
特に英語は小学校3年生から勉強が始まり、英語の4技能の中でも「聞く」と「話す」ことに重点が置かれています。Z会の英語講座は紙教材であっても、ウェブアプリとテキストで「聞く」と「話す」を繰り返し勉強できるのがメリットだと感じました。やはり今どきの英語学習はネイティブの発音にどれだけ触れられるかが、上達の鍵になっているように思います。
しかもZ会は書くことには元々評判が高い教材でしたから、小学校を卒業する頃までには英語のライティングに関しての実力も備わっているのではないかと思います。詳しくはZ会小学生の評判でも触れられているので、気になる方は料金やタブレットコースなども含めてリサーチしてみてはいかがでしょうか。冒頭にZ会は通信教育の中でも頭一つ飛び抜けた教材であるという結論を出していますが、料金的にも飛び抜けた教材であることがわかると思います。だからこそ紙教材の学習スタイルを選択したほうがいいのではないかという結論に至ったのです。